大人のピアノレッスン

ピアノの歴史

ピアノは、イタリアの楽器職人バルトロメオ・クリストフォリが発明したと言われおり、1700年にはピアノが存在していました。ただし、そのピアノは、バルトロメオ・クリストフォリが製作したものかは不明です。ちなみに、バルトロメオ・クリストフォリが製作したとされるピアノは3台だけ現存しており、その3台は1720年代に製作されたものです。

 

ピアノ 歴史

ピアノは、クラヴィコードの表現力とチェンバロのような強い音を奏でることが出来るところから、「Clavicembalo col piano e forte(クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ)」と呼ばれていました。簡単に言えば「強い音と弱い音が出るチェンバロ」という意味になります。これが縮まって、「ピアノ」と呼んでいます。

 

日本にピアノが入ってきたとする文献資料はないのですが、1823年に来日したオランダ商館の医師シーボルトが日本に持ってきた日本最古のピアノが熊谷美術館(山口県萩市)に現存しています。なお、そのピアノは、1806年頃にロンドンで製作された四角いテーブル型の小型ピアノです。

 

 

 

★★ ピアノ教室不要のカリキュラム ★★

 

ピアノ買取金額

1ヶ月でマスターするピアノ教則本&DVD